骨髄バンク : 「一人のために」から「みんなのために」へ

十字猛夫 著

本書は、骨髄移植成功の鍵となるHLA抗原の複雑さを詳述し、骨髄バンクの発展のために必要な諸条件とその意味について平易に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新しい治療-白血病完治の可能性
  • 第2章 骨髄-血液は骨の奥で造られる
  • 第3章 骨髄移植とは-骨髄採取と移植の実際
  • 第4章 HLA抗原-骨髄移植成功の鍵
  • 第5章 骨髄バンクの役割-患者とドナーの橋渡し
  • 第6章 骨髄バンクの成立-「一人のために」から「みんなのために」へ
  • 第7章 世界の骨髄バンク-それは騎士道とカウボーイ魂から始まった
  • 第8章 日本の骨髄バンク-第三者参加の医療ネットワーク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 骨髄バンク : 「一人のために」から「みんなのために」へ
著作者等 十字 猛夫
書名ヨミ コツズイ バンク
書名別名 Kotsuzui banku
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.12
ページ数 215p
大きさ 18cm
ISBN 4121012194
NCID BN11778776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95035524
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想