日中開戦 : 軍法務局文書からみた挙国一致体制への道

北博昭 著

本書は、「軍法務」の観点から、これまでの政治史や戦史で描ききれなかった「挙国一致」体制への道程をかいまみ、戦争の実態を解析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「事変」であって戦争ではない-なぜ「事変」なのか
  • 2 戦争と称しなかったために-「事変」とされたことの意味
  • 3 「事変」は事実上の戦争である-戦時体制の整備

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中開戦 : 軍法務局文書からみた挙国一致体制への道
著作者等 北 博昭
書名ヨミ ニッチュウ カイセン
書名別名 Nicchu kaisen
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.12
ページ数 231p
大きさ 18cm
ISBN 4121012186
NCID BN11778481
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95035171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想