授業力向上をめざす授業観察法

山本貞美, 大友智 著

授業観察は質的観察か量的観察かが問題になる。二者択一であれば、筆者(山本)の考えは、質的観察である。しかし、信頼度の高い質的観察に至るにはかなりの時間と経験を要する。そこで、本書ではできるだけ短期間に量的観察を身につける方法の一つとしてALT‐PE観察法を取り上げた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 授業研究はなぜ必要か(「体育教育技術学会」の設立と授業研究
  • 体育授業研究の実状
  • 思い出に残る研究授業
  • 一教師の授業研究のあゆみ)
  • 2 授業観察法の習得(ALT‐PE観察法の習得
  • 日本におけるALT‐PE観察法の修正版)
  • 3 ALT‐PE観察法と体育授業(児童の授業評価からみたよい体育授業
  • 生徒の特性からみた体育授業
  • 授業観察法習得の意義と実践現場での利用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 授業力向上をめざす授業観察法
著作者等 大友 智
山本 貞美
書名ヨミ ジュギョウリョク コウジョウ オ メザス ジュギョウ カンサツホウ
書名別名 Jugyoryoku kojo o mezasu jugyo kansatsuho
シリーズ名 体育技術理論双書 1
出版元 明治図書
刊行年月 1994.5
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 4187229035
NCID BN11767113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94054824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想