学問のすすめ

福沢諭吉 著

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」。著名なこの一文で始まる本書は、近代日本最大の啓蒙家である著者が、生来平等な人間に差異をもたらすのは学問の有無によると説く。彼のすすめる学問とは、西洋実学の批判的摂取である。明治の人心を啓発したその言は、一世紀を経た今日も清新である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 端書
  • 人は同等なる事
  • 国は同等なる事
  • 一身独立して一国独立する事
  • 学者の職分を論ず
  • 附録
  • 明治七年一月一日の詞
  • 国法の貴きを論ず
  • 国民の職分を論ず
  • 我心をもって他人の身を制すべからず
  • 学問の旨を二様に記して中津の旧友に贈る文
  • 前編の続き、中津の旧友に贈る
  • 名文をもって偽君子を生ずるの論
  • 演説の法を勧むるの説
  • 人の品行は高尚ならざるべからざるの論
  • 怨望の人間に害あるを論ず
  • 心事の棚卸
  • 世話の字の義
  • 物事を疑って取捨を断ずる事
  • 手近く独立を守る事
  • 心事と働きと相当すべきの論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学問のすすめ
著作者等 福沢 諭吉
書名ヨミ ガクモン ノ ススメ
シリーズ名 ワイド版岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.11
版表示 第6刷改版
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 4000071548
NCID BB08543226
BN11766391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95027501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想