抽象美術の解体

福田新生 著

[目次]

  • 目次
  • 自序
  • 第一部 抽象美術批判
  • 1 具象・抽象の対立 / p2
  • 2 ピカシズム批判 / p35
  • 3 ピカソ解説 / p56
  • 4 抽象主義時代 / p65
  • 5 抽象絵画の話 / p69
  • 6 現代美術の二つの流れ / p83
  • 7 現代美術の二つの流れ / p98
  • 8 抽象主義の問題点 / p110
  • 9 抽象主義批判 / p113
  • 10 アメリカ現代社会と抽象絵画 / p143
  • 11 反芸術という芸術 / p150
  • 12 マチウを笑う / p156
  • 13 マチウの演出 / p162
  • 14 抽象美術の凋落 / p167
  • 15 日本の反芸術ブームの正体 / p169
  • 16 抽象絵画の流行 / p176
  • 第二部 抽象派理論の批判
  • 1 芸術の廃品化 / p190
  • 2 ポンコツ自動車操縦士 / p197
  • 3 マス・コミの中の美術批評 / p199
  • 4 世にもふしぎな弁証法 / p205
  • 5 続・世にもふしぎな-- / p215
  • 6 新構造改革芸術論 / p217
  • 7 美術評論家の怠慢 / p221
  • 8 抽象派批評の混乱 / p225
  • 9 インスタント時代に備えろ / p229
  • 第三部 具象美術の動向
  • 1 伝統の衰弱 / p234
  • 2 国際具象派美術展を見まもる / p251
  • 3 日本の新具象絵画 / p258
  • 4 ソ連の絵画 / p266
  • 5 社会主義リアリズムへの疑問 / p273
  • 6 社会的変革と絵画 / p279
  • 7 彫刻の魅力 / p290
  • 8 新しい古さの輝き / p296
  • 第四部 日本と西欧の美術
  • 1 日本の近代絵画 / p304
  • 2 科学と絵の話 / p318
  • 3 南画の話 / p324
  • 4 ゴッホ解説 / p331
  • 5 印象派の話 / p337
  • 6 ヨーロッパ絵画印象記 / p355
  • 7 一人の画家の西洋散歩 / p388
  • 8 豊津・国分寺の野外仏 / p417
  • 9 絵の解釈 / p445
  • 図版目次
  • 「OEN」(部分)ポロック(原色) / 口絵1
  • 静物 ピカソ(原色) / 口絵2
  • クラウンの顔 ビュッフェ(原色) / 口絵3
  • 静物 クレー / 口絵4
  • 蓮図 八大山人 / 口絵5
  • 盲目のアコージョン弾き ベン・シャーン / p27
  • ゲルニカのためのデッサン ピカソ / p46
  • ゲルニカ ピカソ / p62,63
  • 婦人像 レジエー / p89
  • 十月 オセネフ / p102
  • マースC クライン / p148
  • 饗宴 マチウ / p158
  • 高木数家図(部分) 浦上玉堂 / p163
  • 裸婦 木下新 / p191
  • コロンボの少年たち 福田新生 / p243
  • 植木鉢 坂本繁二郎 / p244
  • 静物 ヤンセン / p252
  • 麦 ブブノフ / p284
  • 夏の阿蘇山 田崎広助(原色) / p297
  • うずくまる女 グレコ / p298
  • 朝粧 黒田清輝 / p305
  • 海の幸 青木繁 / p310311
  • 鳥図 斎白石 / p325
  • ひまわり ゴッホ / p332
  • 波 クールベ / p341
  • ばら 中川一政 / p342
  • 睡蓮の池 モネー / p346
  • ポントアーズの菜園 ピサロ / p347
  • ノアの洪水 ミケロアンジェロ / p360361
  • 復活(部分) ジオット / p372
  • 聖母のエリザベト訪問 / p376
  • オランピア マネー / p386
  • 童子観音菩薩 福田新生(原色) / p419
  • 炭坑町 中谷泰 / p420
  • 聖観音(観心寺) / p430
  • 目次
  • 自序
  • 第一部 抽象美術批判
  • 1 具象・抽象の対立 / p2
  • 2 ピカシズム批判 / p35
  • 3 ピカソ解説 / p56
  • 4 抽象主義時代 / p65
  • 5 抽象絵画の話 / p69
  • 6 現代美術の二つの流れ / p83
  • 7 現代美術の二つの流れ / p98
  • 8 抽象主義の問題点 / p110
  • 9 抽象主義批判 / p113
  • 10 アメリカ現代社会と抽象絵画 / p143
  • 11 反芸術という芸術 / p150
  • 12 マチウを笑う / p156
  • 13 マチウの演出 / p162
  • 14 抽象美術の凋落 / p167
  • 15 日本の反芸術ブームの正体 / p169
  • 16 抽象絵画の流行 / p176
  • 第二部 抽象派理論の批判
  • 1 芸術の廃品化 / p190
  • 2 ポンコツ自動車操縦士 / p197
  • 3 マス・コミの中の美術批評 / p199
  • 4 世にもふしぎな弁証法 / p205
  • 5 続・世にもふしぎな-- / p215
  • 6 新構造改革芸術論 / p217
  • 7 美術評論家の怠慢 / p221
  • 8 抽象派批評の混乱 / p225
  • 9 インスタント時代に備えろ / p229
  • 第三部 具象美術の動向
  • 1 伝統の衰弱 / p234
  • 2 国際具象派美術展を見まもる / p251
  • 3 日本の新具象絵画 / p258
  • 4 ソ連の絵画 / p266
  • 5 社会主義リアリズムへの疑問 / p273
  • 6 社会的変革と絵画 / p279
  • 7 彫刻の魅力 / p290
  • 8 新しい古さの輝き / p296
  • 第四部 日本と西欧の美術
  • 1 日本の近代絵画 / p304
  • 2 科学と絵の話 / p318
  • 3 南画の話 / p324
  • 4 ゴッホ解説 / p331
  • 5 印象派の話 / p337
  • 6 ヨーロッパ絵画印象記 / p355
  • 7 一人の画家の西洋散歩 / p388
  • 8 豊津・国分寺の野外仏 / p417
  • 9 絵の解釈 / p445
  • 図版目次
  • 「OEN」(部分)ポロック(原色) / 口絵1
  • 静物 ピカソ(原色) / 口絵2
  • クラウンの顔 ビュッフェ(原色) / 口絵3
  • 静物 クレー / 口絵4
  • 蓮図 八大山人 / 口絵5
  • 盲目のアコージョン弾き ベン・シャーン / p27
  • ゲルニカのためのデッサン ピカソ / p46
  • ゲルニカ ピカソ / p62,63
  • 婦人像 レジエー / p89
  • 十月 オセネフ / p102
  • マースC クライン / p148
  • 饗宴 マチウ / p158
  • 高木数家図(部分) 浦上玉堂 / p163
  • 裸婦 木下新 / p191
  • コロンボの少年たち 福田新生 / p243

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 抽象美術の解体
著作者等 福田 新生
書名ヨミ チュウショウ ビジュツ ノ カイタイ
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 1963
ページ数 452p 図版
大きさ 22cm
NCID BN11763713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63008508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想