立法学序説

山田晟 著

本書は、著者年来の立法への提言を『立法学序説』と題して集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 立法機関論
  • 立法政策論
  • 立法の社会的影響の考慮と脱法行為の防止
  • 立法過程論
  • 内外人の感覚の差異に留意すること
  • 法令および条文の書き方
  • 特別法整理の必要
  • 法令の発表方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立法学序説
著作者等 山田 晟
書名ヨミ リッポウガク ジョセツ
書名別名 体系論の試み
出版元 有斐閣
刊行年月 1994.12
ページ数 212, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4641027129
NCID BN11763043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95027389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想