東アジアのシャーマニズムと民俗

宮家準, 鈴木正崇 編

現代によみがえる癒(いや)しの技法。シャーマンの語りを通じて、自然と人間のあり方を考え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際シンポジウム<東アジアにおけるシャーマニズム-その研究と課題->(日本におけるシャーマニズム研究の動向
  • 韓国シャーマニズムにおける神観念と祭儀の象徴的原義
  • 台湾におけるシャーマニズムの変容 ほか)
  • 第1部 日本(修験道の萌芽とシャーマニズム-北野天神縁起を通して見た
  • 綱引と神楽の竜神信仰
  • 南島の神と他界 ほか)
  • 第2部 韓国(韓国のシャーマニズムにおける女性
  • 済州島の巫俗儀礼と儒教式儀礼-三多の島の男と女
  • 韓国のキリスト教とシャーマニズム-「神癒の能力(ヌンニョク)」をめぐる祈祷院と韓国教会 ほか)
  • 第3部 中国(広東巫俗<贖魂舞>について
  • 台湾法師の儀礼とシャーマニズム-「打城」法事を事例として
  • 水族の鬼神信仰 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアのシャーマニズムと民俗
著作者等 宮家 準
鈴木 正崇
書名ヨミ ヒガシアジア ノ シャーマニズム ト ミンゾク
シリーズ名 慶応義塾大学地域研究センター叢書 2
出版元 勁草書房
刊行年月 1994.11
ページ数 391p
大きさ 22cm
ISBN 4326101024
NCID BN11745857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95019769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想