ポール・ヴァレリー『アガート』

恒川邦夫 [ほか]著訳

「最も単純にして最も抽象的な言語」で書かれた50年にわたる遺稿『アガート』をめぐる共同研究

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 訳と注解(『アガート』の頃
  • 『アガート』解題 ほか)
  • 第2部 論考(『アガート』-深層のロゴスを求めて
  • 『アガート』、あるいは、夜の頭 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポール・ヴァレリー『アガート』
著作者等 Valéry, Paul
恒川 邦夫
書名ヨミ ポール ヴァレリー アガート
書名別名 Agathe

訳・注解・論考
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.10
ページ数 258, 20p
大きさ 22cm
ISBN 4480836144
NCID BN11744093
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95014820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想