日本文学における<他者>

鶴田欣也 編

記紀から現代文学まで、リアリズム小説から幻想文学、SFまで、日本文学のなかに現われた女、子供、外国人、異人、内なる他者などの「他者」のディスコースを丹念にたどりつつ、「他者」のいない日本文学という定説を検証し、新たな日本人像を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 他者とは何か
  • 日本文学における他者の系譜-擬態される「他者」の文化的位相
  • 「技巧家」という他者-漱石文学のなかの女性
  • 横光利一『純粋小説論』の内なる他者
  • 「わたし」と「かれ」のあいだ-倉橋由美子にみる「他者」概念との戯れ
  • 「女」から「他者へ」〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学における<他者>
著作者等 鶴田 欣也
書名ヨミ ニホン ブンガク ニ オケル タシャ
書名別名 Nihon bungaku ni okeru tasha
出版元 新曜社
刊行年月 1994.11
ページ数 502p
大きさ 20cm
ISBN 4788505053
NCID BN11735784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95019177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想