アメリカ禁酒運動の軌跡 : 植民地時代から全国禁酒法まで

岡本勝 著

禁酒運動にみるアメリカ社会史-なぜアメリカ人は、憲法を修正してまで「禁酒」にこだわったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカ禁酒運動の概観
  • 第1章 植民地時代の飲酒とその規制
  • 第2章 一九世紀前半の禁酒運動とその大衆化
  • 第3章 ワシントニアン絶対禁酒運動
  • 第4章 一八五一年メイン法
  • 第5章 フランシス・ウィラードとWCTU(婦人キリスト教禁酒同盟)
  • 第6章 キャリー・ネイションと酒場打ち壊し
  • 第7章 憲法修正第一八条の成立とASL(反酒場連盟)
  • 第8章 憲法修正第一八条の成立と酒造業界
  • 第9章 「高貴な実験」の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ禁酒運動の軌跡 : 植民地時代から全国禁酒法まで
著作者等 岡本 勝
書名ヨミ アメリカ キンシュ ウンドウ ノ キセキ
書名別名 Amerika kinshu undo no kiseki
シリーズ名 禁酒法 2
Minerva西洋史ライブラリー 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1994.12
ページ数 287, 33p
大きさ 22cm
ISBN 4623024652
NCID BN11734996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想