永遠は瞬間のなかに : 世紀末のピアニズム

岡田敦子 著

スクリャービンの音楽、グールドのピアノ、そして島田雅彦の小説まで、時代を象徴する人と思想と音楽を、繊細にして大胆な美しい論理と艶やかな言葉で語る音楽批評のニューウェーブ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 スクリャービンという現在(いかにからなぜへ
  • 西洋音楽×神秘主義
  • スクリャービンとペレストロイト ほか)
  • 2 聴くことの世紀末(聴くことの世紀末
  • 必然に貼りつく-グールドのピアニズム
  • グールドのスクリャービン-空間のノン・テイク・ツーネス ほか)
  • 3 音楽と言葉の不倫の関係(島田雅彦『夢遊王国のための音楽』-音楽と小説の不倫の関係について
  • 竹田青嗣『陽水の快楽』-音楽的恋愛論
  • 丸山圭三郎『生命と過剰』-ヒトとコトバの深層へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 永遠は瞬間のなかに : 世紀末のピアニズム
著作者等 岡田 敦子
書名ヨミ エイエン ワ シュンカン ノ ナカ ニ
書名別名 Eien wa shunkan no naka ni
出版元 作品社
刊行年月 1994.9
ページ数 189p
大きさ 20cm
ISBN 4878932090
NCID BN11729759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95004261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想