日本貿易政策講座  第6輯 (日本における貿易思想の変遷とその歴史的背景)

中井省三 著

[目次]

  • 〔第六輯〕 補説日本における貿易思想の変悪とその歷史的背景
  • 目次
  • 第1節 鎖国以前時代 / p1
  • 1 黎明期から奈良以前までの日本と大陸の交通 / p1
  • 2 奈良,平安時代の朝貢貿易と鎌倉時代の私貿易 / p2
  • 3 南北朝時代の天龍寺船貿易と室町時代の勘合貿易 / p3
  • 4 鎌倉,室町時代の宋,明貿易と倭寇 / p5
  • 5 秀吉,家康の平和通商政策と朱印船 / p5
  • 第2節 鎖国時代 / p8
  • 1 鎖国実施事情と西欧近代事情の比較 / p8
  • 2 封建社会の解体 / p15
  • 3 自給自足論と開国論 / p17
  • 4 開国と徳川幕府の滅亡 / p19
  • 第3節 明治時代 / p20
  • 1 外来思想の移入 / p20
  • 2 自由貿易と保護貿易の論争 / p21
  • 3 日本資本主義の成立と発展 / p21
  • 〔余論〕 近代貿易政策学説について / p25
  • 1 重商主義 / p25
  • 2 重農主義 / p27
  • 3 自由貿易主義 / p28
  • 4 保護貿易主義 / p33
  • 第4節 大正年間及び昭和前期時代 / p36
  • 1 第一次世界大戦と戦後の不況 / p36
  • 2 日本貿易の発展期--自由貿易と統制貿易の相剋 / p39
  • 3 第一次大戦後世界恐慌対策と貿易統制 / p40
  • (1) 関税政策 / p41
  • (2) 為替政策 / p45
  • (3) 貿易抑制政策 / p46
  • 4 満洲事変と自給自足の広域経済論 / p48
  • 〔余論〕 国家自給論と広域経済論について / p51
  • 第5節 昭和後期時代 / p55
  • 1 支那事変と統制経済 / p55
  • 2 英米の対日資産凍結と貿易政策の大転換 / p57
  • 3 経済新体制--資本と経営の分離問題 / p58
  • 4 貿易新体制--戦時貿易対策要旨 / p61
  • 5 貿易統制会と交易営団--貿易業の整備統合 / p62
  • 〔余論〕 公産優先の原理と大政翼賛会運動について / p64
  • 第5節 終戦以降時代 / p67
  • 1 ITOと[G]ATT / p67
  • 2 自由,共産両陣営の対立と日本 / p79
  • 3 東南アジア開発計画とコロンボ・プラン及びポイント・フォアと日本の立場 / p84
  • 4 民族主義の勃興とA・Aグループの結成と日本の立場 / p87
  • 5 欧洲共同市場及び欧洲自由貿易地域の結成と日本の立場 / p91
  • 6 ソ連の全欧経済協力機関設置案 / p102
  • 7 アジア経済協力機構の構想 / p103
  • 8 日本貿易の現状 / p109

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本貿易政策講座
著作者等 中井 省三
書名ヨミ ニホン ボウエキ セイサク コウザ
巻冊次 第6輯 (日本における貿易思想の変遷とその歴史的背景)
出版元 関書院
刊行年月 1957
ページ数 118p
大きさ 21cm
NCID BN11718865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54007198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想