天皇のページェント : 近代日本の歴史民族誌から

T.フジタニ 著 ; 米山リサ 訳

〔天皇をめぐる近代日本のアイデンティティ〕明治初年から現代に至る近代国民国家(nation state)の形成過程のなかで、「見えざる天皇」は、「身体化された天皇」として群衆の前に姿を現わし、全国巡幸にはじまり、華麗な天皇のページェントや国家的イベントに彩られてあらゆる国民(the people)に、単一の求心的なまなざし(sight)を振り向けていると観念され得る存在となり、やがて"象徴天皇"へとかたちづくられてゆく。"視覚化された天皇"の文化的・社会的・政治的意義は何か。「近代の国民」(citizenry)は如何に生みだされていったのか。本書は、新進気鋭の日系アメリカ人研究者による、犀利な日本論であり、日本の歴史的連続性を相対的な視点から捉えた卓抜な日本研究の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代日本の文化的創出-国家のフォークロア
  • 第2章 巡幸する天皇と日本の儀礼的地景
  • 第3章 近代国家のページェント
  • 第4章 天皇のまなざし-近代の視覚的支配
  • 第5章 「象徴天皇」と電子メディア時代のページェント
  • 結び 国家の公式文化と民衆の日常文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇のページェント : 近代日本の歴史民族誌から
著作者等 Fujitani, T
米山 リサ
フジタニ T.
書名ヨミ テンノウ ノ ページェント
書名別名 Emperor,nation,pageantry. (抄訳)

Tenno no pejento
シリーズ名 NHKブックス 719
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1994.11
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 4140017198
NCID BN11711094
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95032144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想