二つの危機と政治

リヒアルト・ゾルゲ 著 ; 勝部元 [ほか]訳

ゾルゲの「新帝国主義論」は第一次世界戦争後のドイツの帝国主義的再生の特徴と、その必然的発展を析出した著作であり、1930年代の日本問題に関する時事的な諸論文と併せて読むことで、彼がいかに理論的にもすぐれていたか、予見に満ちたものであったかを識ることができる。ゾルゲは戦争に反対し、平和のために殉じたが、処刑後50年を経て、今この著作集が刊行されたことは、ゾルゲの人と思想を知る上に貴重だし、意義あることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦時日本篇
  • 第2部 ドイツ篇(新ドイツ帝国主義
  • ドイツ共産党の立場と統一戦線戦術)
  • 第3部 年譜・著作目録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二つの危機と政治
著作者等 Sorge, Richard
勝部 元
北村 喜義
石堂 清倫
ゾルゲ リヒアルト
書名ヨミ フタツ ノ キキ ト セイジ
書名別名 1930年代の日本と20年代のドイツ

Futatsu no kiki to seiji
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1994.11
ページ数 422p
大きさ 22cm
ISBN 4275015673
NCID BN11705397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95015539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想