王妃マルゴ  上巻

アレクサンドル・デュマ 著 ; 榊原晃三 訳

抵抗するユグノー派との融和政策として、国王の妹マルゴはユグノーの頭領ナヴァール王に嫁ぐことになる。国王側は、この婚儀に参列するため地方からパリに集まったユグノー派貴族たちの殱滅をはかる。歴史の名高い聖バルテルミーの虐殺である。愛のない結婚ではあるが、マルゴは夫のよき味方として、王妃の義務を尽くす。文豪デュマの歴史小説の最高傑作。本邦初訳。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王妃マルゴ
著作者等 Dumas, Alexandre
榊原 晃三
デュマ アレクサンドル
書名ヨミ オウヒ マルゴ
書名別名 La reine Margot
シリーズ名 河出文庫
巻冊次 上巻
出版元 河出書房新社
刊行年月 1994.10
ページ数 395p
大きさ 15cm
ISBN 4309461336
NCID BN11696423
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95008994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想