フリードリヒ・エンゲルス : 若き日の思想と行動

土屋保男 著

マルクスとともに、科学的社会主義の理論と運動の成立・発展に巨大な足跡を遺したエンゲルス。資本家の息子に生まれながら労働者階級の未来に全生涯をささげたその苦闘の日々と思想形成を生き生きと描く評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • エンゲルス小伝
  • 自由の戦士たち
  • 独習の道
  • 共産主義めざして-哲学と経済
  • 激突の谷間
  • 謙虚と友情-エンゲルスの横顔
  • エンゲルスの学習法
  • 日和見主義とのたたかい-右と左のしし身中の虫
  • 晩年のエンゲルス-『資本論』と第二インター

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フリードリヒ・エンゲルス : 若き日の思想と行動
著作者等 土屋 保男
書名ヨミ フリードリヒ エンゲルス
シリーズ名 新日本新書
出版元 新日本出版社
刊行年月 1969
ページ数 170p 図版
大きさ 18cm
ISBN 4406023488
NCID BN11674340
BN12558957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73003850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想