新・建築入門 : 思想と歴史

隈研吾 著

混乱をきわめる二十世紀末の建築状況の背後には、建築というひとつの制度自体を否定し解体しようとする、抗しがたい時代のムーブメントがある。ここから救出されるべき建築とは一体何か。ゴシック、古典主義からポストモダニズムにいたる建築様式の変遷と背景にある思想の流れをたどりつつ、この困難な問いに答える、気鋭の建築家による入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 建築の危機
  • 第2章 建築とは何か
  • 第3章 構築
  • 第4章 構築と拡張
  • 第5章 構築と自然
  • 第6章 構築と主体
  • 第7章 主観対客観
  • 第8章 建築の解体
  • 第9章 普遍の終焉
  • 第10章 建築のモダニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新・建築入門 : 思想と歴史
著作者等 隈 研吾
書名ヨミ シン ケンチク ニュウモン
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480056165
NCID BN11669996
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想