忠臣蔵 : 赤穂事件・史実の肉声

野口武彦 著

「忠臣蔵」事件とは一つのコードネームである。時代は元禄の末。歴史では赤穂事件といわれる江戸城内の刃傷・浅野内匠頭の切腹・その遺臣団の吉良邸討入りと続く一連の出来事は、やがて国民伝説にまでなった。事件は当初から文学化されて世間にひろまった。その文学性のオーラを取り払ったら、そこに何が見えてくるか。史実は時として文学よりも深い光を放つ。この一冊は史料から聞こえてくる元禄武士のなまの肉声を聞こうとする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 元禄十四年三月十四日
  • 江戸と赤穂
  • 城明渡し-一家離散-潜伏
  • 元禄十五年十二月十四日
  • 元禄十六年二月四日まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忠臣蔵 : 赤穂事件・史実の肉声
著作者等 野口 武彦
書名ヨミ チュウシングラ
書名別名 Chushingura
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.11
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4480056149
NCID BN11669919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想