有限要素法の数理 : 数学的基礎と誤差解析

菊地文雄 著

本書は、有限要素法の数学的基礎とその応用を、数学を専門としない読者にも理解できるように、わかりやすく記述、解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 有限要素法について
  • 1 偏微分方程式の境界値問題と弱定式化、変分問題
  • 2 Ritz‐Galerkin法
  • 3 有限要素法
  • 4 補間誤差
  • 5 有限要素解の誤差評価
  • 6 各種の近似と技法
  • 7 あん点型変分問題と混合型有限要素法
  • 8 非圧縮性流体に対する混合型有限要素法
  • 9 電磁場問題に対する混合型有限要素法
  • 付章 数学的準備など

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有限要素法の数理 : 数学的基礎と誤差解析
著作者等 菊地 文雄
書名ヨミ ユウゲン ヨウソホウ ノ スウリ
シリーズ名 計算力学とCAEシリーズ 13
出版元 培風館
刊行年月 1994.11
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 456303388X
NCID BN11668381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95020096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想