クロポトキン伝

ナターリヤ・エム・ピルーモヴァ 著 ; 左近毅 訳

若き日のシベリア探険やスカンジナヴィア氷河研究等の地理学者としての仕事をはじめ、アナーキストとしての思想形成、多彩かつ広範な運動、膨大な著作の成立過程を探り、超伏に富んだ生涯を描く。現代ロシアにおけるアナーキズム研究の第一人者による傑作伝記、ソ連解体後の改訂新版。日本語関連文献の網羅的な一覧を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 兄弟
  • 第2章 シベリアで
  • 第3章 学問と革命
  • 第4章 亡命の最初の歳月
  • 第5章 社会的ユートピア
  • 第6章 ロンドンで
  • 第7章 1905年から1917年まで
  • 第8章 ふたたび祖国で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クロポトキン伝
著作者等 Pirumova, Natal'ia Mikhailovna
Pirumova, Natalʹi︠a︡ Mikhaĭlovna
左近 毅
ピルーマヴァ ナターリヤ・エム
書名ヨミ クロポトキン デン
書名別名 Петр Алексеевич Кропоткин
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 457
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.11
ページ数 359, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4588004573
NCID BN11666036
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想