「家」としての日本社会

三戸公 著

不思議な国・日本の謎を解く日本における組織の特質を《家》として把握し基軸的組織である企業、そして日本社会の「家」的構造を明快に描き出す待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「家」としての会社(日本人にとって当り前のこと
  • 契約型と所属型 ほか)
  • 第2部 「家」の展開(企業系列・企業集団
  • 企業系列・企業集団の基底 ほか)
  • 第3部 「家の論理」と日本社会(家族の変遷
  • 東京 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「家」としての日本社会
著作者等 三戸 公
書名ヨミ イエ ト シテノ ニホン シャカイ
出版元 有斐閣
刊行年月 1994.11
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 4641067201
NCID BN11662341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想