ヨーロッパの民族学

ジャン・キュイズニエ 著 ; 樋口淳 ほか共訳

暴力と混血の契りから生まれたヨーロッパ。ヨーロッパの民族をめぐる問いに答えることは、多くの場合、戦争と平和にかかわることだ。そのような視点からヨーロッパ諸民族の現在(言語・宗教・慣習・食生活・領土紛争…)とその将来計画を語る本書は、民族学研究の新しい可能性を切り拓いている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパ民族学の歴史
  • 第2章 遺産の古層・基層・傍層
  • 第3章 遺産の継承、同化、革新
  • 第4章 アイデンティティの危機
  • 第5章 好みと価値観と信仰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの民族学
著作者等 Cuisenier, Jean
樋口 淳
諸岡 保江
野村 訓子
キュイズニエ ジャン
書名ヨミ ヨーロッパ ノ ミンゾクガク
書名別名 Ethnologie de l'Europe

Yoroppa no minzokugaku
シリーズ名 文庫クセジュ 760
出版元 白水社
刊行年月 1994.11
ページ数 138, 8p
大きさ 18cm
ISBN 4560057605
NCID BN11652723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95020088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想