情報・通信の社会史 : 近代日本の情報化と市場化

石井寛治 著

情報・通信技術の発展が市場における<公正な>競争を作り出すとともに、そのさらなる発展は、やがては市場経済との矛盾を強めてくる。明治・大正の日本の企業活動、政治の場面、庶民生活の中に、その相互作用の歴史性を見通す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 <情報化>と<市場化>の歴史的関連
  • 第1章 町飛脚への依存から官営郵便制度の創出へ
  • 第2章 電信の普及と情報独占の変容
  • 第3章 双方向通信としての電話の出現
  • 終章 情報独占を突き崩す道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報・通信の社会史 : 近代日本の情報化と市場化
著作者等 石井 寛治
書名ヨミ ジョウホウ ツウシン ノ シャカイシ
シリーズ名 生活と技術の日本近代史
出版元 有斐閣
刊行年月 1994.11
ページ数 221p
大きさ 22cm
ISBN 4641067171
NCID BN11651786
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95020356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想