川を制した近代技術

大熊孝 責任編集

水と川をめぐる問題の原点。近代国家建設の過程で、江戸期の技術はなぜ棄てさられたのか。近代技術に課せられた使命とは何だったのか。自然との共存を目指す真の技術を確立するためにも、治水と利水の技術における近代化の意味を問い直さなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自然の制約の下で
  • 第2部 西欧技術と在来技術
  • 第3部 自然の征服へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川を制した近代技術
著作者等 大熊 孝
松浦 茂樹
渡辺 英夫
知野 泰明
石崎 正和
神吉 和夫
書名ヨミ カワ オ セイシタ キンダイ ギジュツ
シリーズ名 叢書近代日本の技術と社会 4
出版元 平凡社
刊行年月 1994.11
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 4582401147
NCID BN11631905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95027644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想