宇宙論の危機 : 新しい観測事実に揺れる現代宇宙論の最前線

マイケル・D.ルモニック 著 ; 小林健一郎 訳

何十億年あるいは何百億年という時間をかけて宇宙の果てから届く光は、宇宙の最古の光といえます。研究者たちは、この最古の光を調べることで宇宙の誕生と進化の謎に迫れると考え、最新の電波望遠鏡や人工衛星を使って観測に取り組みました。ところが困ったことに、新しい観測事実は研究者の想像を超えるものばかりで、これまで信じられてきた理論では説明がつかなくなってきました。宇宙論の危機の始まりです。本書は、第一線で活躍する研究者たちの素顔をとおして、この混迷する現代宇宙論の全体像に迫ります。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめに
  • 第2章 ダークマターはなぜ必要か?
  • 第3章 銀河はどこにある?
  • 第4章 宇宙の果て
  • 第5章 宇宙の重さを測る
  • 第6章 宇宙の年齢
  • 第7章 新しい物理学
  • 第8章 新しい観測
  • 第9章 「それはまるで神を見るようだ」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙論の危機 : 新しい観測事実に揺れる現代宇宙論の最前線
著作者等 Lemonick, Michael D
小林 健一郎
ルモニック マイケル・D.
書名ヨミ ウチュウロン ノ キキ
書名別名 The light at the edge of the universe

Uchuron no kiki
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.11
ページ数 392, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062570440
NCID BN1163020X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95018771
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想