摩擦の世界

角田和雄 著

「摩擦」はふだんは意識されることがないが、日常の現象のほとんどすべてに関わっており、不要な摩擦を除去すればGNPの数%にあたる経費が節約できるという。そりや車輪の発明以来続けられてきた摩擦の制御技術を概観しながら、メカトロニクス時代を迎えた今日の摩擦の科学=トライボロジーのすべてを紹介し、機械の未来を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 摩擦と出会う
  • 2 自然のなかの摩擦
  • 3 機械と摩擦
  • 4 摩擦とたたかうベアリング
  • 5 新しい摩擦の科学、トライボロジー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 摩擦の世界
著作者等 角田 和雄
書名ヨミ マサツ ノ セカイ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.11
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4004303621
NCID BN11628900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想