心の病理を考える

木村敏 著

心を病むとはどういうことか。精神分裂病者に共通して感じられる独特の不自然さの意味を解明すべく、フロイト以来の精神病理学をたどり、「間」「主体性」「時間」等の概念を駆使して、現象学的に精神病理を捉える。心と身体、生命論と精神病理、進化論と人間の存在との関係など、長年の思索と研究の成果を分りやすく語り、分裂病の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 こころを病むとはどういうことか
  • 2 精神病理学の歩み
  • 3 精神病の本質をさぐる
  • 4 生命論と精神病理学
  • 5 分裂病と進化論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の病理を考える
著作者等 木村 敏
書名ヨミ ココロ ノ ビョウリ オ カンガエル
書名別名 Kokoro no byori o kangaeru
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1994.11
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4004303591
NCID BN11627883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021674
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想