武家の棟梁の条件

野口実 著

現代の日本人がイメージする高潔で忠義を重んじる武士像は、近世に概念化され、明治以降、国家主義的教育の中で作られたものであり、本来、武士とは、「政治史的にはこの上もなく」暴力的性格の社会集団で、「職業的な殺し屋」的存在だった。この集団を束ねた「棟梁」とはなにか。その条件は。なぜ武家政権がかくも長期にわたって存続し得たのか。武士の本質と肖像を社会史的職能論により捉え、そこに浮かび上がる日本の中世を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 棟梁の条件
  • 2 幕府の草創と武芸故実
  • 3 「武都」鎌倉の成立
  • 4 鎮守府将軍と征夷大将軍
  • 5 東国的武士社会のひろがり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武家の棟梁の条件
著作者等 野口 実
書名ヨミ ブケ ノ トウリョウ ノ ジョウケン
書名別名 中世武士を見なおす

Buke no toryo no joken
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.11
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 4121012178
NCID BN11626803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95028709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想