理科系のための英文作法 : 文章をなめらかにつなぐ四つの法則

杉原厚吉 著

文法的に正しい英文でも、つながりが良くないと明快な文章にはならない。本書は、コンピュータで開発された文章解析技術と、言語学の新文野である「談話文法」が明らかにした文と文をつなぐ画期的法則を紹介する。この法則は、自分で書いた英文を客観的に眺め、自然な英文をつないでいくための道標となり、気のきいた言い回しよりもまず英文で主張を明確に表現しなければならない多くの人にとって、すぐに役立つ道具となるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 談話文法を利用しよう
  • 第2章 話の道筋に道標を
  • 第3章 中身に合った入れ物を
  • 第4章 動詞が支配する文型
  • 第5章 古い情報を前に
  • 第6章 視点をむやみに移動しない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理科系のための英文作法 : 文章をなめらかにつなぐ四つの法則
著作者等 杉原 厚吉
書名ヨミ リカケイ ノ タメノ エイブン サクホウ
書名別名 Rikakei no tameno eibun sakuho
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.11
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 412101216X
NCID BN11626610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95029016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想