秀吉権力の形成 : 書札礼・禁制・城郭政策

小林清治 著

この書物は、中世から近世への移行における、秀吉権力の果した役割とその位置づけを、書札礼、禁制、城郭政策、還住掟書などのそれぞれについての総体把握を試みることによって、考えようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 秀吉の書札礼
  • 第2章 秀吉と禁制
  • 第3章 信長・秀吉権力の城郭政策
  • 第4章 郷村禁制の展開
  • 第5章 戦乱をめぐる権力と民衆-加敗状・小屋上り・還住掟書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秀吉権力の形成 : 書札礼・禁制・城郭政策
著作者等 小林 清治
書名ヨミ ヒデヨシ ケンリョク ノ ケイセイ
書名別名 Hideyoshi kenryoku no keisei
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1994.11
ページ数 356, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4130260596
NCID BN11612966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想