米はこうしてたたかい守られてきた : 戦前の千葉県農民運動史

林邦美 著

この本は戦前に米(農業)を守るための千葉県の農民の二十数年にわたるたたかいの歴史を、克明にまとめた貴重な本である。もちろん千葉県の民主運動史のかけがえのない一翼を形成する。ことに南総のたたかいと農民組合の結成、土睦のたたかいと少年行商隊の活躍、農民学校、四・一六事件など興味はつきない。しかも著者自身が十七歳の若さでこの運動に参加し弾圧を受け、刑務所生活など感動的な実践の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地域の創成期
  • 第2章 分裂と弾圧・政党
  • 第3章 地域のたたかいの発展
  • 第4章 新しいたたかいの中で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 米はこうしてたたかい守られてきた : 戦前の千葉県農民運動史
著作者等 林 邦美
書名ヨミ コメ ワ コウシテ タタカイ マモラレテキタ
書名別名 Kome wa koshite tatakai mamoraretekita
出版元 筑波書房
刊行年月 1994.9
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 481190124X
NCID BN1160552X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95050457
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想