環境学 : 遺伝子破壊から地球規模の環境破壊まで

市川定夫 著

今日われわれが直面している環境問題はすべて「生物の進化と適応の過程を忘れた科学技術の適用にある」という問題提起を柱にしながら、そしてまたそうした科学技術の適用に依存しながら生活するわれわれを「被害者」であると同時に「加害者」でもあると位置づけながら、遺伝子破壊から地球規模の破壊まで重要な環境問題を総覧していく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 拡大する新しい型の公害
  • 第1部(生命現象とその設計図
  • 地球の温暖化と酸性雨
  • さまざまな環境変異原)
  • 第2部(人類と共存できない原子力)
  • 第3部(近代農業をめぐる諸問題
  • 畜産、漁業、林業の諸問題
  • バイオテクノロジーの問題点)
  • 終部(進化と適応を忘れた技術)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境学 : 遺伝子破壊から地球規模の環境破壊まで
著作者等 市川 定夫
書名ヨミ カンキョウガク
出版元 藤原書店
刊行年月 1994.11
版表示 第2版.
ページ数 523p
大きさ 22cm
ISBN 4894340038
NCID BN11602769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95027654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想