生命の起原論争

長野敬 著

46億年の地球史のなかで、一度だけ「無機」から「有機」への変化、「生命の発生」が起こったと考えられている。いつ、どこで、どのように。数々の論争を通し、生命の本質を鮮やかに描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 多数世界観
  • 第2章 生命力遍在の時代
  • 第3章 自然発生の最終否定
  • 第4章 進化論と生命起源
  • 第5章 飛来する生命
  • 第6章 地球上での生命発生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の起原論争
著作者等 長野 敬
書名ヨミ セイメイ ノ キゲン ロンソウ
シリーズ名 講談社選書メチエ 32
出版元 講談社
刊行年月 1994.11
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062580322
NCID BN11595903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95015887
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想