社会科学の方法

M.ヴェーバー 著 ; 祇園寺信彦, 祇園寺則夫 訳

社会科学の泰斗ヴェーバーが、「理念型」という新概念に基づき歴史事実の分析・総合を行う方法論を確立した画期的な書。社会科学を理解し研究するための基礎的論述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 経験的知識と価値判断(価値判断の科学的批判
  • 理想と科学的研究)
  • 2 社会科学的認識の「客観性」(文化科学の認識論
  • 理念型概念)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会科学の方法
著作者等 Weber, Max
祇園寺 信彦
祇園寺 則夫
ヴェーバー マックス
書名ヨミ シャカイ カガク ノ ホウホウ
書名別名 Die "Objektivität" sozialwissenschaftlicher und sozialpolitischer Erkenntnis
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.11
ページ数 175p
大きさ 15cm
ISBN 4061591517
NCID BN11567963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95016968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想