トマスによる福音書

荒井献 著

一九四五年、エジプトで写本が発見され、「新発見の福音書」として世界にセンセーションをまきおこした。<トマスによる福音書>-異端として排斥されたグノーシス派の立場から編まれた一一四のイエスの語録集である。新約聖書学・グノーシス主義研究の世界的権威がその語録を精緻に注解し、独自の福音を明らかにした本書は、従来の「正典福音書」のイエス像を一変させることを迫る衝撃の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 トマス福音書の背景
  • 2 トマス福音書のイエス語録-翻訳と注解
  • 3 トマス福音書のイエス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トマスによる福音書
著作者等 荒井 献
書名ヨミ トマス ニ ヨル フクインショ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1994.11
ページ数 335p
大きさ 15cm
ISBN 4061591495
NCID BN11567770
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95016896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想