経済人類学への招待 : ヒトはどう生きてきたか

山内昶 著

豊かな文明、貧しい未開だなんて、ほんとうにそうなのだろうか。経済成長という死の舞踏を踊りつづける「豊かな」現代文明。コンピュータ・シミュレーションによる未来予測では、大量の生産と消費の果てに二十一世紀末には地球規模のカタストロフィが全人類を襲うという。はたして、現代の経済システムの危機をのりこえる道はあるのか。今こそ、未開社会のモデルから定常と共生の原理を学ぼう。本当の豊かさとは何かを考える現代人のための必読の経済人類学入門。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 豊かな未開vs貧しい文明
  • 第2章 ヒト科ナマケモノ属vsカローシ属
  • 第3章 進歩神話vs退歩神話
  • 第4章 成長経済vs定常経済

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済人類学への招待 : ヒトはどう生きてきたか
著作者等 山内 昶
書名ヨミ ケイザイ ジンルイガク エノ ショウタイ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.10
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4480056130
NCID BN11558543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95012594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想