生命観を問いなおす : エコロジーから脳死まで

森岡正博 著

環境破壊から脳死問題まで、現代社会はきわめて深刻な事態に直面している。このような現代の危機を生み出したのは、近代テクロジーと高度資本主義のシステムであり、我々の外部に敵があるのだという主張がある。生命と自然にかかわる諸問題に鋭いメスを入れ、あくなき欲望の充足を追求する現代システムに生きる私たち自身の内部の生命観を問いなおす。生命と現代文明を考える読者のためのやさしいガイドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 環境倫理と生命倫理
  • 第1章 生命テクノロジーの甘い罠
  • 第2章 エコ・ナショナリズムの誘惑
  • 第3章 リサイクル文明の逆説
  • 第4章 ディープエコロジーと生命主義
  • 第5章 専門の囲いの中で-脳死身体の実験利用の現実
  • 第6章 反脳死論を解読する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命観を問いなおす : エコロジーから脳死まで
著作者等 森岡 正博
書名ヨミ セイメイカン オ トイナオス
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.10
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4480056122
NCID BN11558463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95012779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想