中国都市と建築の歴史 : 都市の史記

張在元 編著

都市版『史記』。中国・都市史の集大成。名城の発展史。4000年の歴史をもつ中国では、幾多の王朝が興り、あるいは滅びてきた。中国における都市は城壁なくしては語ることはできない。それゆえ、中国では都市のことを「城市」と呼び、国都のことを「都城」と表現するのである。治乱興亡の繰り返される中で、人々はどのような思想のもとで都市を建設し、それはどのような歴史を経てきたのか。本書は、こうした中国の都市の起源と発展を綴った都市版『史記』である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中華都城本紀
  • 十一城市世家(北京
  • 南京
  • 西安
  • 成都
  • 上海
  • 天津
  • 武漢
  • 蘭州
  • 哈爾浜
  • 敦煌
  • 桜蘭)
  • 名城列伝

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国都市と建築の歴史 : 都市の史記
著作者等 張 在元
書名ヨミ チュウゴク トシ ト ケンチク ノ レキシ
出版元 鹿島出版会
刊行年月 1994.10
ページ数 280p
大きさ 22cm
ISBN 4306043274
NCID BN11524949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011458
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想