ある回想 : 小林秀雄と河上徹太郎

野々上慶一 著

その深い友情は一人の女性をも愛せずにいられなかった-。近代批評を代表する小林秀雄と河上徹太郎の初めて明かされる稀有の友情を描く、感銘深いエッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ある回想
  • 川端先生とわたし
  • 永井さんを偲ぶ
  • 酒と鱒二焼
  • 井伏さんを憶う
  • 島木健作氏を憶う
  • 二人の詩人の処女詩集〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ある回想 : 小林秀雄と河上徹太郎
著作者等 野々上 慶一
書名ヨミ アル カイソウ
出版元 新潮社
刊行年月 1994.10
ページ数 213p
大きさ 20cm
ISBN 4104010014
NCID BN11511721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011787
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想