蘚の露 : 2編

中村尚輔 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 蘚の露
  • (一) はかなくて夢にも人を云々の歌の事 / 1
  • (二) たびし / 2
  • (三) ひこづらひ / 2
  • (四) めり / 4
  • (五) 菊のきせわた / 7
  • (六) 身を捨て行やしにけん / 10
  • (七) 嵐のいひかけ / 11
  • (八) しのぶとしのぶるとのさだ / 14
  • (九) おぶと云言は中二段にのみ活く言と思へるやう / 15
  • (十) をがな / 18
  • (一一) わが手にかけん物とやは見し / 19
  • (一二) ばかりといふ言の上より受るさだ / 19
  • (一三) いといたく / 23
  • (一四) 奈良のならひて / 25
  • (一五) たまむすび / 25
  • (一六) 古くより語格をたがへてつかひきつる言もありと覚ゆる事 / 27
  • (一七) もぎ木 / 32
  • (一八) 夜もすがら / 34
  • (一九) 節分 / 35
  • (二十) 富士の根のならぬおもひ / 36
  • (二一) なくに ぬ不 なし / 37
  • (二二) はやと云言の上より受るさた / 38
  • (二三) うての使 / 40
  • (二四) をさく / 41
  • (二五) はちすのはひ / 43
  • (二六) こりずま すまばかは / 44
  • (二七) 住の江のゆきてさへこそ / 45
  • (二八) 朔日 望 晦日 / 45
  • (二九) をかし おかし / 47
  • (三十) 鳥なきさとの蝙蝠 / 49
  • (三一) だにとさへとのわき / 50
  • (三二) 一より二より / 53
  • (三三) ひたたれ / 53
  • (三四) またでとも見ず / 54
  • (三五) 仏名の野ぶし / 55
  • (三六) なごり なごろ / 56
  • (三七) なでふ なでう / 58
  • (三八) にほひの香 にほひ香 / 59
  • (三九) 藤の歌にたそがれをよめる事 / 60
  • (四十) 袖ふる 領巾ふる / 60
  • (四一) きるる言を重ぬる時連用言と成事 / 61
  • 蘚の露二編
  • (四二) 位の正従よみの事 / 64
  • (四三) 悠紀 主基 / 64
  • (四四) いもし / 65
  • (四五) 呵事をいふといへる事のたまふともいへる事 / 66
  • (四六) みよし野の山の白雪云々歌の事 / 66
  • (四七) 五月雨夕立時雨霙など活せたる事 / 67
  • (四八) まとゐを活せたる事 / 68
  • (四九) 転音の事 / 68
  • (五十) 音便の事 / 70
  • (五一) 今の女の髪のたぼ / 72
  • (五二) 如しと可しとはくしきの別例 / 72
  • (五三) 歌詞にきるか続くるかのさた / 73
  • (五四) 一眼の人をかんちといふ事 / 75
  • (五五) なげといふ詞 / 75
  • (五六) 源語の註書 / 76
  • (五七) ことならばといふ詞 / 77
  • (五八) 数の多きを七といふ事 / 79
  • (五九) 側へもよらぬ / 79
  • (六十) おほげなし / 79
  • (六一) をしね / 80
  • (六二) 古書略字多き事 / 81
  • (六三) としみ / 82
  • (六四) いなせといふは誤りの事 / 83
  • (六五) そらといふ詞 / 84
  • (六六) 絶てといふに断絶ならぬある事 / 84
  • (六七) つとめてといふ詞 / 85
  • (六八) あそび / 86
  • (六九) かみかたし / 87
  • (七十) からに / 87
  • (七一) しるしの杉 / 89
  • (七二) 何のかかり詞を置てぞと切たる下に結び詞を置たるといへる説 / 90
  • (七三) 字衍りの歌の事 / 91
  • (七四) 古へ死たる人を葬らざりし事 / 91
  • (七五) 訴訟箱 / 92
  • (七六) 御袋 / 93
  • (七七) なにぬぬるぬれとてつつるつれとの差別の事 / 93
  • (七八) きをけりの約めといへる説 / 94
  • (七九) ゆめといふ詞の事 / 94
  • (八十) つべきといふ詞なしといへる事 / 95
  • (八一) ぐらいな物じやのけり / 97
  • (八二) 物かといふ一格 / 98
  • (八三) 琴の音に峰の松風かよふらしの歌の事 / 99
  • (八四) あだといふ詞の事 / 100
  • (八五) 昨夜といふべき処を今夜といへる事 / 101
  • (八六) ちまきの事 / 102
  • (八七) 詞の上にそへて云相と云事に二つある事 / 103
  • (八八) うしとぬしとの事 / 104
  • (八九) をちかへりといふ詞 / 105
  • (九十) をぢなしといふ詞の事 / 105
  • (九一) をきにくかりしといへる事 / 106
  • (九二) 仏足石の事 / 107
  • (九三) かけといふ事 / 108
  • (九四) をどると云事 / 109
  • (九五) をると云詞の事 / 109
  • (九六) をそといふ詞の事 / 110
  • (九七) 遠字をちとよむととほとよむとの事 / 110
  • (九八) いざよふとたゆたふとの事 / 111
  • (九九) ねりその事 / 112
  • (百) とぶさの事 / 113

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 蘚の露 : 2編
著作者等 中村 尚輔
書名ヨミ コケ ノ ツユ
シリーズ名 歌文珍書保存会頒布書 ; 第2
出版元 歌文珍書保存会
刊行年月 1909
ページ数 114p
大きさ 20cm
NCID BN11510933
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55010641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想