異文化と人間行動の分析

西田司 著

著者は70年代初頭、シカゴのパーマーハウスで開催されたアニュアル・コンベンションにおいて異文化間コミュニケーションの分科会が発足したのを目撃して以来、主に、対人と異文化、非言語の三つのコンテクストにおける人間関係に興味を持ち、研究を続けてきた。異文化の研究が単なる比較であってはならないという主張はここ20年近く変わっていない。それぞれ十分とはいえないが五つの領域をもって異文化の人間行動を捉えようとした。この中には共同研究の成果も含めている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 コミュニケーション理論の研究
  • 第2部 自己開示の研究
  • 第3部 コミュニケーション不安の研究
  • 第4部 異文化コミュニケーション能力の研究
  • 第5部 異文化トレーニングの理論と実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化と人間行動の分析
著作者等 西田 司
書名ヨミ イブンカ ト ニンゲン コウドウ ノ ブンセキ
書名別名 Ibunka to ningen kodo no bunseki
出版元 多賀
刊行年月 1994.9
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 4811536614
NCID BN11505784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95003727
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想