四運動の理論

シャルル・フーリエ 著 ; 副田満輝 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 編集者序(必讀のこと)
  • 一、 四運動の理論に關する一般の誤解 / 11
  • 二、 いわゆる、フーリエ理論の不道徳について / 15
  • 序説 / 45
  • 豫講 / 47
  • 一、 豫告せる發見に導いた徴標と方法 / 48
  • 二、 農業組合について / 54
  • 三、 情念引力および、これと確實科學との關係について / 62
  • 四、 不確實科學による理性の迷い / 67
  • 五、 文明人の一般的偏見 / 75
  • 六、 本書の結構 / 83
  • 第一部 一般運命の若干部門の解説
  • 要旨 / 89
  • 例外について / 90
  • 運命に關する一般觀念 / 92
  • 一、 定義と分類 / 92
  • 二、 四運動の等級 / 94
  • 三、 社會的運動 / 98
  • 四、 地球と呼ばれる第三惑星における社會秩序の諸段階と諸時期 / 100
  • 五、 第一次破壞的創造に關する小誌 / 106
  • 六、 北極冠 / 111
  • 七、 上昇破壞の第一期、混亂系列 / 128
  • 八、 系列の崩壞 / 135
  • 九、 不統一家族に組織された五つの時期 / 138
  • 一〇、 累進系列社會と不統一家族社會との好對照 / 145
  • 一一、 情念引力による自然の研究について / 158
  • 一二、 情念樹とその枝 / 165
  • 一三、 十二のオクターヴ根情念 / 175
  • 一四、 社會的諸時期の性格、喰込みおよび段階 / 181
  • 一五、 社會的不統一の段階における諸天體の不幸に關する系論 / 191
  • 結び 社會的變態の時期近きことについて / 200
  • 第二部 私的または家庭的運命の諸部門の描寫
  • 第二部に關する編集者の言 / 209
  • 要旨 / 217
  • 第一概説 第七期の累進所帶並びに不統一所帶における兩性の退屈について / 221
  • 一、 不統一所帶における男の退屈について / 223
  • 二、 累進所帶または九集團部族 / 234
  • 三、 第七期における兩性結合の方式 / 245
  • 四、 文明における女の地位低下 / 255
  • 第六期に導くべかりし諸改善策 / 259
  • 五、 戀愛丁年 / 259
  • 六、 戀愛團體 / 269
  • 七、 戀愛抑壓主義の惡習 / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 四運動の理論
著作者等 Fourier, Charles
Fourier, François Marie Charles
副田 満輝
シャルル・フーリエ
書名ヨミ シ ウンドウ ノ リロン
シリーズ名 世界古典文庫 ; 第112
出版元 日本評論社
刊行年月 1949
ページ数 288p
大きさ 15cm
NCID BN11491828
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49004522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想