国木田独歩と其周囲

斎藤弔花 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 本書の機構 / 1
  • 獨歩の偉さ / 10
  • 「素人名人」 / 12
  • 獨歩と音樂 / 15
  • 好憎淡々たる獨歩 / 17
  • 生れたままの人間 / 19
  • 獨歩逝いて三十五年 / 24
  • 獨歩の寫眞 / 26
  • 親友の書いた小傳 / 27
  • 獨歩の顏 / 33
  • 初對面の獨歩 / 37
  • 氷川町の浪宅 / 41
  • 民聲新聞社 / 45
  • 梟雄星享の死 / 49
  • 「星は天上にあり」 / 51
  • 花井卓藏の熱辯 / 53
  • 麻郷から佐伯まで / 57
  • 落第生から優等生へ / 59
  • 麻郷から / 62
  • 佐伯を訪ふ / 71
  • 「源をぢ」を語る / 81
  • 誘惑!佐伯を去る / 94
  • 從軍記者 / 97
  • 愛弟通信 / 100
  • 「艦隊從軍」と「馬上の友」 / 106
  • 四十年前の號外 / 110
  • 原始林を訪れた獨歩 / 118
  • 解説の解説 / 126
  • モデルと小説 / 145
  • 恩人で先輩の蘇峰 / 157
  • よい弟收二 / 167
  • 風流陶庵公 / 171
  • 俄殿樣 / 182
  • 獨歩と未醒(放庵) / 186
  • よき飜譯者二葉亭 / 190
  • 蘆花を懷しむ / 194
  • 親友田山花袋 / 201
  • 「現代百人豪」と紅葉 / 213
  • 灘を越した酒・江東 / 216
  • 「驚異」と「宗教」と梁川 / 219
  • 愛すべき人風葉 / 226
  • 青果の「病状録」 / 233
  • 獨歩社の人々 / 241
  • 獨歩社の破綻 / 249
  • 「ワツ」といふ用事 / 257
  • 到頭病人らしい / 263
  • 絶筆「渚」 / 267
  • 獨歩と高田院長 / 272
  • 南湖院の今昔 / 274
  • 獨歩に語る / 283
  • 青山墓地にて / 285
  • 非史家の史筆 / 287
  • 東京は大變化 / 290
  • 鎌倉の砂山 / 292
  • 「蒲團」前の花袋 / 294
  • 獨歩の追悼講演會 / 295
  • 臨川-風葉-霜川-バイオリンを抱いて / 298
  • 老後の陶庵公 / 304
  • 老龍庵の扉 / 305
  • 銀閣寺畔にて / 306
  • 彦根城に上る / 307
  • 時代と反映する作家 / 310
  • 栖鳳と君と / 311

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国木田独歩と其周囲
著作者等 斎藤 弔花
書名ヨミ クニキダ ドッポ ト ソノ シュウイ
書名別名 Kunikida doppo to sono shui
出版元 小学館
刊行年月 昭和18
ページ数 314p
大きさ 19cm
NCID BN11488244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46025128
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想