山椒魚戦争

カレル・チャペック 著 ; 小林恭二, 大森望 訳

南海の秘境で発見された新種の山椒魚。驚くべきほどの高い知能をもっていた彼らは、貴重な労働力として人間に利用されるようになった。そんなある日、世界各地で大規模な陸地の水没が続出。それは山椒魚たちの人類への宣戦布告だった…。文明の愚かさを衝く巨匠チャベックの不朽の名作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山椒魚戦争
著作者等 Čapek, Karel
大森 望
小林 恭二
〓Capek Karel
チャペック カレル
書名ヨミ サンショウウオ センソウ
書名別名 Válka s mloky. (抄訳)
シリーズ名 地球人ライブラリー
出版元 小学館
刊行年月 1994.11
ページ数 283p
大きさ 20cm
ISBN 409251008X
NCID BN11487208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95013501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想