シェリング読本

高山守 ほか編

カントとヘーゲルの狭間で過渡的哲学者として久しく埋もれていたドイツ観念論の巨峰・シェリングの全貌を国際的再興の機運と呼応して解き明かす。哲学、美学、文学、宗教学の各分野にわたる気鋭の研究者が結集して総合的思索家としてのシェリングの実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 自然と精神
  • 2 詩と芸術
  • 3 神話と悪
  • 4 自由と歴史
  • 5 シェリングと現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェリング読本
著作者等 松山 寿一
藤田 正勝
長島 隆
高山 守
書名ヨミ シェリング ドクホン
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1994.10
ページ数 409, 13p
大きさ 21cm
ISBN 4588150219
NCID BN11482135
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想