流体・粒子系分離

化学工学会東海支部 編

本書の内容は、共通基礎的理論から各分離操作の応用理論および技術、装置における最近の進歩までを網羅しており、具体的には、新しい濾過、圧搾の手法や膜濾過技術、最新の水処理技術、超純水、バイオ、医療、食品、石炭液化などにおける応用技術、高温集塵、有害ガス処理、クリーンルーム等々が含まれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 液・粒子系分離の基礎
  • 2 ガス・粒子系分離の基礎
  • 3 液体・粒子系界面現象
  • 4 ケーク濾過、膜濾過
  • 5 圧搾、脱液
  • 6 沈降分離、遠心分離
  • 7 新しい水処理技術
  • 8 分離技術の応用
  • 9 液・粒子系分離装置
  • 10 ガス・粒子系分離技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 流体・粒子系分離
著作者等 化学工学会
化学工学会東海支部
書名ヨミ リュウタイ リュウシケイ ブンリ
書名別名 Ryutai ryushikei bunri
シリーズ名 化学工学の進歩 第28集
出版元 槙書店
刊行年月 1994.10
ページ数 228p
大きさ 22cm
ISBN 4837506283
NCID BN11478524
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想