競争政策・消費税・PL法 : 制度の国際的調和

高橋文利 著

明治以来、日本に導入された欧米の諸制度は官主導で巧みに変形され、似て非なる「日本型」の仕組みとして運用されてきた。近代化達成に有効であったこれらの制度は、しかし今や新たな誤解と摩擦を生み、国際的不調和の一因ともなっている。異質な制度の平準化を図るために日本は何をすべきか。競争政策、入札・契約制度、消費税、製造物責任制度、知的所有権について、導入の過程を辿り、変形の原因を追及して今後の方向を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 競争政策
  • 第2章 入札・契約制度
  • 第3章 消費税
  • 第4章 製造物責任(PL)制度
  • 第5章 知的所有権(特許制度)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 競争政策・消費税・PL法 : 制度の国際的調和
著作者等 高橋 文利
書名ヨミ キョウソウ セイサク ショウヒゼイ ピーエルホウ
書名別名 Kyoso seisaku shohizei pieruho
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.10
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4121012097
NCID BN11445194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想