忘れられない国会論戦

若宮啓文 著

自民党一党支配が終わり、日本の政治は混乱期にあるが、国会を舞台にした緊迫感ある政策論争はほとんどみられない。しかし、敗戦後の混乱期からつい昨日まで、憲法と自衛権、経済政策、外交、そして公害等をめぐって政治家たちは熱く激しい論争を重ねてきた。本書は、吉田茂、河野一郎、中曽根康弘、石橋政嗣、河上丈太郎、池田勇人、田中角栄ら個性豊かな政治家たちの生なましい素顔と言葉を再現させ、戦後政治を展望する試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 がっぷり四つの因縁対決
  • 第2章 命取りの失言
  • 第3章 これぞ爆弾質問
  • 第4章 ホロリとグサリ、涙の質疑
  • 第5章 異色の本会議演説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忘れられない国会論戦
著作者等 若宮 啓文
書名ヨミ ワスレラレナイ コッカイ ロンセン
書名別名 再軍備から公害問題まで
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1994.10
ページ数 288p
大きさ 18cm
ISBN 4121012062
NCID BN11443993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95021430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想