どこまで解ける日本の算法 : 和算で頭のトレーニング

中村義作 著

急速に増えることを<ねずみ算式に増える>という。吉田光由の『塵劫記』(一六二七年刊)に、このねずみ算がすでに出ている。からす算・百五減算・花売り算・門松算・百鶏算・堆積算・振り分け算…。江戸時代の代表的な和算書から75問を精選し、パズル風に解説。「初級編」は小学生、「中級編」は中学生、「上級編」は高校生レベルとして構成した。さらに随所に、代数的な補足を挿入し、理解の便をはかった。頭のトレーニングにぜひどうぞ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どこまで解ける日本の算法 : 和算で頭のトレーニング
著作者等 中村 義作
書名ヨミ ドコマデ トケル ニホン ノ サンポウ
書名別名 Dokomade tokeru nihon no sanpo
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.10
ページ数 232p
大きさ 18cm
ISBN 4062570416
NCID BN11443053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011331
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想