オーディオ常識のウソ・マコト : CDからスピーカーまで

千葉憲昭 著

オーディオの世界には不思議な話がたくさんある。「重いほど良いアンプだ」、「真空管アンプは軟らかい音がする」、「スピーカー・ケーブルは無酸素銅線に限る」…、これらの話は本当だろうか。「良い音は」感覚的なものだから、妙な「こだわり」を持てば何十万円もの装置をそろえても満足できなくなる。しかし、その中身を知れば高級機でも普及機でも音にかかわるディジタル信号が変化するわけではなく、狭い部屋で音楽を楽しむなら大音量は必要ないことがわかる。では、どこに目をつけてオーディオ装置を選べば、お金をかけずに良い音を楽しめるのか。本書には、そのためのヒントがイッパイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オーディオ常識の不思議
  • 第2章 アンプの違いを見抜く
  • 第3章 アナログ録音と再生
  • 第4章 ディジタル録音と再生
  • 第5章 スピーカーの話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーディオ常識のウソ・マコト : CDからスピーカーまで
著作者等 千葉 憲昭
書名ヨミ オーディオ ジョウシキ ノ ウソ マコト
書名別名 Odio joshiki no uso makoto
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1994.10
ページ数 182, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062570394
NCID BN11442301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95011475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想